介護請求 連携 / 対象:通所介護、通所リハなど

介護請求 連携 /
対象:通所介護、通所リハなど

記録が現場を変える。目指すは負担のないデジタル化 ※スマホにも対応

新時代の介護記録システム

新時代の介護記録システム

レコセラロゴ

レコセラ

株式会社スカイ

レコセラロゴ

レコセラ

株式会社スカイ

レコセラは、報告ボタンを押す前に、転記が必要な帳票を選ぶだけ。
活動日誌、業務日誌、モニタリングシート、連絡帳、ケアマネ報告書…ワンクリックで報告内容が他の帳票に書き写されます。

感覚的な操作で簡単に使える画面で記録は楽しく簡単に達成感を得られる。
記録はみんなで作り、みんなで見る。

レコセラはそんな風に現場を変えていく画期的なシステムです。

レコセラ画面イメージ
レコセラ画面イメージ

●製品についてのご説明(動画)

●ケア樹との連携について

「レコセラ」で登録した介護記録情報を元に厚生労働省の標準仕様に準拠した「提供票実績データ」を作成。その情報をデータ連携で「ケア樹の介護請求情報」に登録して、「ケア樹」から国保連合会にインターネット伝送で送信することが出来ます。

ケア樹とレコセラの連携イメージ
ケア樹とレコセラの連携イメージ

●連携により生まれる価値

レコセラで利用者様のデータを新規作成した際に、ケア樹の該当項目に自動転記が可能なので二重登録の手間が不要になります。また、レコセラで作成した提供票実績をケア樹に取り込めるようになったことで、毎月の請求に関わる事務作業の負担軽減が可能です。

連携以前の事務負担の課題として、請求責任者のみが予定・記録・実績を突合して請求データの転記入力・確定を行うというケースが多かった請求作業ですが、連携後は転記不要で実績が反映する事により、現場スタッフの入力データから請求実績データを作成出来るようになります。

そのため請求に関わる作業時間を削減できるだけでなく、誤入力防止による職員の心理的負担軽減にもつながります。

レコセラのみのお問い合わせも可能です。

ご興味をお持ち頂けましたら、
まずはお気軽にお問合せください。

お電話でのお問い合わせはこちら 
TEL:022-341-6380 営業担当宛て