排泄ケア記録 連携 / 対象:施設サービス事業所など

排泄ケア記録 連携 /
対象:施設サービス事業所など

排尿記録の利便性を向上、事務業務を効率化しながら利用者様の自立支援

世界初の排泄予測デバイス

世界初の排泄予測デバイス

Dfree

Dfree

トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社

Dfree

Dfree

トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社

「DFree」は超音波センサーを用いて膀胱の変化を捉えることで排泄のタイミングを予測する【IoTウェアラブルデバイス】です。従来の排泄ケアでは困難であった、被介護者に合わせたパーソナライズケアをサポートし、被介護者のQOL(生活の質)向上と介護者の負担軽減を実現することができます。介護や障害など様々な理由で「尿意を感じにくい方」や、頻尿や尿漏れ等で外出時にトイレの不安を感じるアクティブシニアの方などに広く利用されています。

2017年に日本での介護施設向けサービスを開始し、2018年には日本での個人向けサービスと米国・欧州でのサービスを開始しました。

また、2019年には、医療機関向けのサービスも開始し、自立排尿の改善、失禁の減少、及び現場の負担軽減(生産性向上)などの実績の多い製品です。2022年には、介護保険の適用となる特定福祉用具の新規種目としても追加され、自立支援を行うための機器として活用されています。

Dfree機器と画面イメージ
レコセラ画面イメージ
レコセラ画面イメージ

●ケア樹と連携するメリット

「ケア樹」と「DFree」がデータ連携することにより、「ケア樹」の介護記録に詳細な排尿に関するデータを一気通貫で記録することができます。これによって現場での記録に関する二重入力や転記は不要となります。また、「ケア樹」の介護記録で、利用者様の情報を一元管理することによって、より詳しい排尿に関するデータを他のバイタル情報と同時に確認できるようになるため、より良い排泄介助を行うための分析が可能になります。

Dfreeのみのお問い合わせも可能です。

ご興味をお持ち頂けましたら、
まずはお気軽にお問合せください。

お電話でのお問い合わせはこちら 
TEL:022-341-6380 営業担当宛て