東日本大震災 被災地の介護施設から「災害に強く、業務効率化に役立つ、低価格の介護ソフトを作って欲しい」というご要望を受けて、クラウド型介護ソフト「ケア樹」の開発を始めました。